ウサギ肉のダイエット効果

Unsplash / Pixabay

絵本でも可愛いウサギが登場すると…
心なしか頬がにっこりと緩んでしまうでしょう。

 

有名キャラクターとしても、有名な絵本の主役としても、
ウサギを活用しているケースが多いですよね。

 

あのふわふわした小さな毛玉のような体に、
アンバランスとも見える長い耳、
コロンとした丸いしっぽに目、
これらが絶妙な配置で組み合わされて…
何とも言えない可愛らしい姿となる…ウサギ。

 

世界中でも愛されているウサギは、
ヨーロッパでは“食材”としても有名です。

 

アメリカでも“ウサギパイ”なるものが
売られているのを目にした記憶がありますが、
日本人にとっては結構…衝撃的な話かもしれませんね。

 

日本ではウサギ肉を食す習慣があまりないです。

 

スーパーの精肉コーナーでも鶏・豚・牛ばかりで、
“ウサギ肉コーナー”なんてものはありませんよね?

 

1部の高級スーパーや、
インターネット上での販売がメインのような気がしますが、
やはりあの可愛いウサギを食べる…
ということには抵抗を持ってしまう方は多いでしょう。

 

私も個人的には勝手なイメージから、
どうしてもウサギ肉を食すことはできないでいましたが、
ここにきてウサギ肉のダイエット効果を知り、初めて口にしてみました。

 

味はいたって淡白な鶏肉に近い感じがしたような気がします。
臭みはなく、かといって飛び上るほど美味しい
という訳でもないというのが正直な感想…といったところでしょうか。

 

まぁ、あえて食べたいとも、
決して食べたくないとも言い切ることはない無難な味です。
ただ、ウサギ肉はカロリーがかなり低いとされているので、
ダイエット中に摂取する肉としては最適でしょうね。

 

うさぎ肉は高タンパク・低カロリーです。

 

カロリーは 鶏肉より低めなために、
ウサギ肉を日常帝に食しているヨーロッパの方々の間では
“ダイエットフード”としても有名だそうです。

 

また、太った犬のダイエットフードとしても
ウサギ肉は使用されているそうです。

 

ウサギ肉を利用したドッグフードを食べさせて、
肥満になってしまった犬のダイエットをする方も多いそうです。

 

このようなことからも、低カロリーで満腹感も味わえ、
それでいて余分な脂肪を蓄積することのないウサギ肉は、
人にも犬にも効果的な優秀なダイエット肉であることが
証明されていることになるのではないでしょうか?

 

ウサギ肉はそんなに高い価格で販売されている訳ではありませんので、
まずは一口食べてみることから挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

可愛いウサギを食べるという抵抗感が思った以上に強くて、
2口目からは食べられなかった…という知人もいましたが、
人間は鶏も豚も牛も食しているのに、
そこまで抵抗が出てしまうなんて何だか矛盾しているのではないかとも思います。

 

でも、頭にあるイメージの力は人それぞれ大きさも違いますので、
どんなにダイエットに効果的と言われても、
どうしても箸が進まない食材は無理に取り入れる必要はありません。

 

少し挑戦してみて、上手に活用していけそうであれば積
極的に取り入れて有効活用していきましょう!

 

どうしても抵抗感が強かった場合はきっぱりと諦めて、
他のダイエット活用方法に切り替えていきましょう!

 

ウサギ肉 一覧