カンガルー肉を食べるダイエット方法

miezekieze / Pixabay

夕飯時、愛らしい動物をメインにした番組が放映されることは多いですよね。

 

家族団らんの時には、老若男女問わずに皆が共通して楽しめる
当たり障りのない番組だからなのかもしれませんが…
私が幼いころから現在に至るまで、
動物番組というものがなくなった記憶がありません。

 

可愛らしい動物の愛くるしい動作、
ちょっと怖い大きな動物や獰猛な動物の生態にすら、
思わず頬が緩んでしまうようなシーンが取り上げられているので、
見ているだけで本当に心が和みます。

 

そんな動物番組の中で紹介される動物はたくさんいますが、
そんな愉快なテレビ番組で、
皆さんは“カンガルー”をご覧になったことはありますでしょうか?

 

動物園でも人気コーナーとしてカンガルー舎は有目ですが、
動物園では見られないようなカンガルーの生態に、
楽しい時間を過された方も少なくは無いかと思います。

 

あのおとぼけたような可愛い顔とは裏腹に、
まるでキックボクサーのような強烈な蹴り技で戦う姿は勇ましいですよね。

 

…かと思えば、休日のお父さんのような肩肘ついて
寝っころがっているカンガルーのギャップに
心を鷲づかみにされた方もいるかもしれませんね。

 

さて、そんなカンガルー、
どうしてこんなにピックアップして
お話させていただいているかと言いますと…
実は、最近、カンガルー肉が
世界のダイエッターの間で秘かに人気を集め出しているというのです!

 

これはぜひダイエットに奮闘されている皆さんにもご紹介しなければ…
と、今回のテーマとしました。

 

「あんなに可愛いカンガルーを食べるなんて無理!」
「そんな可哀想なことできない!」
「ってか、そもそもカンガルーって食べても良いの?」…と、

 

さまざまな意見が飛び交ってきそうですが、
カンガルーは元々、食肉としても流通している食材です。

 

オーストラリアの先住民はじめ、
世界中でもカンガルーを日常食に取り入れてらっしゃる方はいます。

 

日本ではあまり知られてはいませんが、
カンガルーは食べられます。

 

また、カンガルー肉は、家畜の肉に比べると、
濃厚な風味があり、栄養的にはタンパク質が豊富で、
脂肪分が約1パーセントといわれ、
ダイエットには最も適した肉とされているようです。

 

牛に比べてヘルシーと言われる鶏肉と比較しても、
低脂肪低カロリーのようです。

 

脂肪が少ないので、冷めたら食べにくい、
ということもないのが魅力的ですね。

 

アスリートの方々も日常食生活に取り入れてらっしゃる方は多いそうですので、
ダイエッターの皆さんにもおススメですね。

 

「聞きなれない食材だし、ちょっと高いんじゃないの?」
「いくらダイエット効果があるとされていても、
高い値段だったら日常生活に取り入れるのは無理だよ…」と、
興味は持ったものの、価格が気になる方、心配しないでください!
カンガルー肉は手頃な値段になっているようです。

そうですね、豚肉よりは高めですが牛肉よりは安い感じですね。

 

特別な肉…という訳でもないので、
購入しようと思えばそんなに無理はしなくとも手に入るでしょう。

 

ただ、扱っているお店には限りがあるかと思いますので、
インターネット等でお近くのカンガルー肉取扱店を調べたり、
インターネット販売をしているものを購入すると良いでしょう。

 

興味がある方は…
まずは一口食べてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

⇒ 「カンガルー肉」商品一覧