フルーツのドリアンはダイエットに効果的!?

PublicDomainPictures / Pixabay

皆さんは“ドリアン”をご存知でしょうか?
何となく耳にしたことはあっても、
実際に口にした…
と言う方はほとんどいないのではないでしょうか?

 

食べたことがあると手を上げられる方は、
南国バカンスに行かれた方か、
南国料理を提供するレストランで話のタネに食べてみた…
のどちらかになるのではないかと思います。

 

スーパーで販売されているのも見たことはありませんね。
まぁ、商店街にある八百屋さんで、
見世物のように飾られていた記憶はありますが、
個人的にもその1度きりですね。
ドリアンというものを目にしたのは…。

 

そもそも、ドリアンとは何なのか
分からない方もいらっしゃるかもしれませんので、
念のためご説明させていただきます。

 

ドリアンとは果物・南国フルーツです。
果物の王様と称されているドリアンは、
トゲトゲした突起がたくさん付いている、
緑色の皮をしている果物ですが、
多くの品種に分かれていますね。

 

大きさは通常サイズで2~3kg、
大きいもので7~8kgになるようなものも出ているようです。
何となく地球外種子を連想してしまうような、
若干グロテスクな姿をしている印象がありました。

 

ドリアンの3分の2は食べられない皮に覆われているそうです。
ということは、3kgのドリアンの場合、
食べられる部分は1kgということですよね?
何とも頑丈に守られている中身です。

 

そのがっしりと分厚い皮に囲まれている中身は、
ねっとりとしたクリーム状の甘い果肉らしいのですが…
実際に食べたことが無いので何とも感想の言いようがありません。

 

しかし、このドリアン、ダイエットフルーツとしても
世界中のセレブ間で有名になっているので、
個人的にも機会があればぜひ食べてみたい1品でもあります。

 

ドリアンの中枢部には、
まるで栗のような大きな種子があるそうです。
イメージとしては、
アボガドが分かりやすいかもしれませんね。

 

ただ、ドリアンのすごいところは、
大きな種子まで食べることができるというところです。

 

ドリアンの種子は、
ビタミンやミネラル、デンプンを豊富に含んでおり、
ビタミンA・B群・C・Eも
バランスよく含まれているそうです。

 

それでいて栄養価が高いので、
栄養が偏りがちなダイエット生活には
もってこいのフルーツでしょう。

 

ドリアンに含まれているビタミンB群のなかでは、
とくに“ナイアシン”という成分が豊富に入っているそうです。

 

ナイアシンは骨の生成を促進するマンガンをはじめ、
カリウムや銅などのミネラルも多く含んでいます。

 

独特の強烈な匂いには、
体内にある有害物質を解毒する働きがあり、
新陳代謝向上効果が期待されているために、
ダイエッターに人気が付いているフルーツのようです。

 

カロリーはフルーツ類の中では
けっして高すぎる数字ではありません。

 

また、他のフルーツと比べても
タンパク質を多く含んでおり、
フルーツという垣根を突破している、
まさに果物の王様の名称にふさわしいフルーツですね。

 

ただ…1つだけ問題点があるとすれば…
先ほどの話の中でもちらっと出ましたが、
“独特の強烈な匂い”がある、という点でしょう。

 

どのようなニオイかと言いますと…
チーズとバナナを混ぜたような匂いです。

 

ドリアンに挑戦しようと思われるダイエットファイターの方、
ニオイに関しては覚悟をして挑戦してください!

 

ドリアン 一覧