炭酸水は太る?痩せる?

皆さん、炭酸飲料はお好きですか?

 

炭酸飲料と言えば、甘いシュワシュワな飲み物のイメージが強いですよね?
例えばコーラとか、メロンソーダとか・・・
とにかくダイエットには良くないイメージをお持ちではないでしょうか?

 

しかし、炭酸飲料はダイエットに効果的な飲み物だったのです!

意外な感じがしますよね?
私も「え?炭酸って太るんじゃないの?」と思っていたので驚きましたが、
人間の“イメージ”というものは、いかにいい加減かを思い知らされました。
間違ったイメージでも脳に残ってしまえば、
“揺るがぬ事実”として居座ってしまうのでしょう。
一種の洗脳のような現象ですよね。

 

ちょっと話はそれましたが、
今回は「炭酸水は脂肪燃焼効果がある」というお話です。

 

皆さんに炭酸水の嬉しい作用を知って頂くためにも、
まずは「炭酸飲料は太る」という概念を取り払ってからご紹介します。

 

日本で一般的に知られている炭酸飲料は“甘い”ので、
糖分がたくさん含まれている感じがしますよね?
それは間違いではありません。

炭酸水自体に味はありません。
実際に甘くするために糖分をたくさん混ぜています。

 

大量に摂取すれば、たくさんの砂糖を体内に入れているのと同じことなので、
太ってしまうのは時間の問題でしょう。

 

しかし、欧米ではミネラルウォーターと同じくらいの量で商品棚に陳列される、
日常生活に溶け込んでいる飲み物です。

 

そんなに大量に炭酸飲料水を飲むなんて・・・
ダイエッターにしてみれば自傷行為のようですよね?
ここでイメージの壁が出てくるのです。

欧米で売られている炭酸飲料はほとんど無味なのです。
そうです、私たちが慣れ親しんでいる炭酸飲料とは別物なのです!

 

ただのミネラルウォーターに炭酸が入っているだけなのです。
砂糖も何も入っていません。
味がしないのは当たり前です。
水と炭酸だけなのですから。

 

炭酸水を食前や食中に摂取する事で、
炭酸がお腹(胃)を膨らませてくれるために満腹感を感じやすくなり、
食べ過ぎを防止してくれます。

 

また、炭酸には筋肉の疲労回復効果や血行促進効果があると言われているので、
便秘解消や血液サラサラ作用が期待できますね。
食生活に加えるだけでも効果は表れてくるでしょう。

 

食文化が欧米化した近年では、
どのような食品や飲料水にもダイエット意識が強く反映されているので、
糖分0パーセントやらカロリーオフを掲げている商品が多く見られますね。

 

もちろん炭酸飲料のカロリー0商品などは
ダイエッターには嬉しい商品ですので
安心して飲んで頂いても問題ないと思います。

 

「炭酸」の作用を、
「糖分やカロリー」の負荷なく取り入れていくことで、
高いダイエット効果を得ることができるでしょう!

 

スパークリングウォーターと呼ばれ、
諸外国では当たり前のように日常的に飲まれている炭酸水は、
日本でもスーパーなどで手頃な価格で販売されています。

 

陳列棚の端っこの方にひっそりと並べられている状態が多いので、
まだまだ影の存在ですが、これを機に「炭酸飲料」への意識を変えて、
皆さんのダイエット生活を有効的にするためにも、
ぜひ「炭酸水」を取り入れてみませんか?

 

一口に炭酸水と言っても、その炭酸濃度の違いにより色々あります。

体に炭酸を取り入れるなら、濃度の濃い方が体内にも取り込みやすいはず。
純水を使ったものなら、炭酸も豊富になります。
そんな強炭酸水は、↓↓↓


リピーター続出!強い炭酸と爽快な後味がクセになる強炭酸水